病気と無縁の体になる方法

【朗報】マクロファージを活性化させるLPSを摂れば病気と無縁の体になれることが判明!

・・・なーんて、調子に乗ってまとめサイト風の書き出しをしてしまいました(笑)

「リポポリサッカライド」

略してLPS。

LPSは、えらい学者さんの研究チームが25年の歳月をかけて追求したマクロファージを元気にする物質です。

端的に書くと、LPSは野菜や穀類などの植物に多く存在している菌などに由来する一成分だそうです。

このLPSを摂ることでマクロファージが適度に活性化します。

すると、たとえストレスが加わったとしてもその機能を保つことができ、異物を処理する能力をより強めることもできるのだそうです。

つまりは、さまざまな病気の予防につながり、健康体を維持できるというわけですね!

まさに今の僕がもっとも強く求めているものです(笑)

LPSには、現代人が陥りがちな生活習慣病の予防から、これまで薬に頼ることしかできなかった病気の改善に至るまで、さまざまな効果があることが明らかになっているそうです。

このブログで何度も書いていますが、お医者さんがくれる多くの薬は、いま現在出ている症状を抑える効果しかありません。

根本的に治すためには、なにより自分の自然治癒力、つまり自然免疫を高めることが人切なのです。

LPSの働き

では、さまざまな病気や症状に対してLPSがどのように働いてくれているのか?

なんと、ガンや糖尿病などの病気のみならず、美肌効果などにも働いてくれているそうです(笑)。

まず、LPSは免疫細胞を活性化して病原体を退治するそうです。

感染症を予防するためには、体内でその原因となる病原体に悪さをさせないことが大前提ですよね。

その手っ取り早い方法は、マクロファージを活性化させて侵入者をむしゃむしゃと食べてもらうこと(笑)

そのためにはLPSをを積極的に摂ることが必要です。

LPSを摂取すれば、感染症に強い体になるだけでなく、最近ではインフルエンザワクチンの効果を上げるという報告も上がっているそうです。

そして、女性なら気になるであろう肌のハリやツヤを高め若々しい肌を作る効果も注目です。

肌を構成するかなめの存在(繊維芽細胞)が増殖すると、コラーゲンやヒアルロン酸といった主要成分の合成が活発になるそうです。

そしてその増殖に一役買っているのか肌のマクロファージ。

そしてさらにマクロファージの働きをLPSがサポートしてくれるというわけです。

この細胞が活発化することによって、肌の新陳代謝力が高まって、肌のハリやツヤもアップするということですね。

若々しい肌へと導いてくれることでしょう。

若々しいといえば、骨密度も加齢とともに減っていきますね。

マクロファージ&LPSコンビは、骨サイクルを促進して骨の若返りもサポートしてくれます。

骨は絶えず破壊と形成が繰り返されるサイクルによって、強度を維持していることは有名ですよね。

ところが年をとってくるとこのサイクルに乱れが生じてしまい、それが腰のまがったご老人たちのような骨粗しょう症の引き金になってしまうのです。

LPSは骨のマクロファージに働きかけてこのサイクルを促進してくれます。

骨の若返りを助けてくれるんです。

細胞の寿命を延ばすから、膝痛、関節痛も軽減します。

そして、まだまだすごいです。

LPSは細胞の寿命を決めるテロメア(染色体の末端にある構造物のこと)にも作用するのだとか!

簡単にいうと、年を重ねるごとに短くなるテロメアを長く保つように働き、細胞を若返らせてくれるということらしいです。

病気と無縁の体になる方法まとめ

他にもまだまだありますが、ただの健康オタクが長々書いてもしょうがないのでここらへんでまとめます(笑)

とにかく、マクロファージを活性化させる、そのためのLPSを摂取するということです。

別記事でLPSの積極的な摂取方法を書きますが、まず先にこれだけ。

カギは睡眠にあり!

脳のゴミのお掃除活動は、睡眠中に活発になるそうです。

まずは、良い睡眠を心がけることが病気と無縁の体になる方法の基本中の基本です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です