【確実】わざと熱を出す方法

 

はじめに。

「サボる」「手を抜く」と聞くとわけもなく罪悪感を覚える人がいます。

そうなる原因は、誰が最初に言いたしたかのかはわかりませんが、日本人には「サボってはいけない」という考えが浸透しているためです。

 

この国ではたくさんの人が、この「同調圧力」に従って生きています。

「休んだらダメ!」

「なまけると友達に負ける!」

と、自分にハッパをかけてしまうのです。

 

しかし、この同調圧力という共通意識は、結果的に心身の調子を崩ます。

人それぞれですからね、他人の価値観に合わせていたら心の風邪をひいてしまうのです。

僕も心の風邪をひいてしまった一人です。

でも僕は、ある日そんな「自分いじめ」を止めることにしました。

「人間の器」「力量」は人それぞれだというととに気づいたんです。

どこの誰かもわからないお年寄りが作った根性論に翻弄されて、自分自信をダメな奴と卑下するのは、僕の人生に必要ないことだと思い知ったからです。

心機一転したとはいえ、「嫌なら逃げていい」「やりたくないならサボっていい」と開き直るようになるまでにはそれなりの時間がかかりました。。

なにより、僕の場合は親が口うるさい性格で、サボりを許してもらえる環境ではなかったからです。

当時、僕の一番の悩みは学校に行きたくない!ということでした。

理由は色々ありますが、この3年を耐えるくらいなら中退のほうがマシ。という心境でした。

そこであるとき、僕は思いつきました。

「サボる言い訳を考えるから罪悪感で苦しくなる」

「てっとり早く本当に具合悪くなればいい」

・・・バカみたいだなって思いますか?

ええ、僕バカなんですwww

●一晩で確実に熱を出すチャレンジ

 

まず、うちの親には「お腹が痛い」が通用しませんでした。

汚い話ですが、「ウ●コすれば治る!」と言って絶対に休ませてくれませんでした。

「気持ち悪い」の訴えも同様でした。

「気のせいだ!学校行けば治る!」と言って休ませてくれなかったんです。

さすがに風邪をひいて発熱したときは休ませてもらえました(周りに迷惑かかりますからね)。

しかし、「風邪かも・・・?」という程度では絶対ダメ。

「病は気から!学校行けば治る!」と一蹴されます。

 

そこで僕は思いました。

「熱が出れば休める!」と。

でも、うちの親は必ず僕のおでこに手をあててくるので体温計を操作して熱を出す方法は使えませんでした。

そもそも、微熱程度で学校を休ませてくれるような人達じゃないんです。

最低でも37.3℃くらいは熱が出てないと休んで良いと言ってもらえませんでした。

それ以下だと、「熱っぽいかもね」「バファリン飲んでから行きな」って感じです。

 

でも、どーーーしても今日は学校に行きたくない(マラソン大会とかね)

サボリたいったらサボりたい!!

そこで僕は、わざと熱を出す方法を調べました。

確実に、一晩で熱を出す方法。

休みたい日だけをピンポイントで休めるような熱の出し方。

それが絶対条件でわざと熱を出す方法を調べました

そのとき、僕が見つけたのはこういった方法でした。

 

●醤油を一気飲みする

命がけですね。間違いなく気持ち悪くなるでしょう。

僕は醤油が苦手なのでぺろぺろ舐めただけで気持ち悪くなってダメでしたw

 

●インフルエンザやノロウイルスに感染する

これもちょっと・・・。

感染すれば確実に高熱が出るでしょうが、インフルエンザやノロウイルスが身近で流行っているときしか使えない方法ですよね。

仮に感染しやすい環境にいるとしても、家族にも感染してしまう恐れがあります。そもそも、隔離対象の病気に感染するのは、1日だけサボりたいという限定的な願いに対してリスクが高すぎるので却下です。

 

●無茶をする

熱を出すために風邪をひこうとして色んなことに挑戦しました(笑)

唇が紫色になるまで水風呂に入ったり、布団をかけずに寝たり、冷たいものを一気に食べたりと、基本的に体を冷やすことで発熱させようと考えました。

ところが、全然だめでした。一時具合が悪くなっても免疫力が高いから一晩寝ると翌朝治ってしまうのです

 

しかし、その後僕は、人生初の大失恋をして自堕落な暮らしを送るようになりました。

親も声をかけられないような落ち込み&激やせぶりです。

自分でも絶望のさなかにいたのでよく覚えていないのですが、ここでは書けないような不摂生な暮らしをしていましたよ。

そしたらこれが”わざと熱を出す方法として確実の効果を発揮したんです。

不摂生になっている間に、虚弱体質になったんですね。今では雨に濡れただけで翌日高熱で寝込むほど貧弱ですよ。

不摂生になる方法って?

免疫力低下の主な原因はストレスです。

僕もそうでしたが、人間関係のストレスはどこかで発散しない限り、みるみる心身共に弱って行っていくでしょう。

これはあとで知ったのですが、ストレスは、食事・睡眠・環境と密接に関係しているため、不規則な生活は確実に虚弱体質にさせるそうです。

僕の場合はご飯の味も分からなくなるほどの失恋ショックと、ストレスだらけの環境で、完全なる体質改善(悪いほう)を成し遂げたんだと思います

LSPの摂取のしかた

 

季節の変わり目でさっそく風邪をひいていました><

貧弱貧弱ぅ!(ジョジョ5部始まりましたね)

 

前回記事の続きです。

では、実際に私たちはどんな食材を選べばLPSを摂取できるのか?

LPSは植物由来のパントエア菌に山来する一つの成分で、植物が生育するうえで必要不可欠な菌のひとつです。

 

つまり、植物にこそ多く含まれています。

さまざまな微生物が共生する土壌で育った野菜や穀類、豆類などですね。

さらには、微生物が豊かに棲息する海で摂れる海藻などもLPSの宝庫です。

その他、ゴマやクルミなどの種や類や緑茶、料理に幅広く使えるスパイス類にもLPSを多く含むものもあります。

中でも、日常的に摂ってほしいのが、れんこんやじゃがいもなど、土壌中で育つ根菜類です。

非常に多くのLPSがいることが研究で明らかになっているそうですよ。

ただし、できるだけ自然のままに栽培されているものを選ぶことが大切らしいです。

農薬や化学肥料を使うと、せっかくの共生菌が死滅してしまい、LPSの含有景も減少してしまうのだとか。

そしてもう一つ大切な点。

LPSは皮にこそ多いので、むかずにそのまま使うということ。

皮ごととなると、無農薬野菜じゃないと厳しいですね(苦笑)

手っ取り早いのは、豆類で有効な枝豆です。

僕も大好き!無限に食べられます。

枝豆のいいところは、さやごと口に入れて食べるところにあるそうです。

LPSが効果を発揮するのは腸と口の中ですから、さやについたLPSを効率よく摂取できちゃうというわけ。

口についただけで~?と疑ってしまいそうですが、効果的であることは証明済みだそうです。

豆類で高栄養と言ったら畑のお肉こと大豆ですよね。

大豆もLPSが豊富は豊富なのだそうです。

しかし、乾物は戻した水は捨てるため効果的でなくて、加工した水煮缶も同様にその作用が期待できないとのこと。

大豆はまた別の栄養源として、LPSと別に考えたほうが良いみたいですね。

 

それと、僕の大好物である海藻類にもLPSが豊富です。

海藻類は、共生菌が多く存在する大海原で育まれた海の野菜とも言われます。

しかも完全無農薬ですからね(笑)

積極的に活川したいものです。

海藻類も、LPSが損なわれていない生か、もしくは、茹でずにそのまま天日干ししたものを選んだほうが良いそうです。

ちなみに、昆布でひいただしはLPSたっぷり。

味噌汁や煮物にと幅広く使いこなせますし、お塩を入れてそのまま飲んでも良いですよね!

キノコとLPS

そもそも菌類であるキノコ類は、全般的にLPSの含有量が多い食材です。

椎茸や舞茸、なめこなどいろいろなきのこを測定したところ、最も高い数値を示したのがひらたけだったそうです。

ひらたけ、食べたことないや( ;∀;)

また、キノコにはβIグルカンという成分も豊富に含まれています。

LPSほどではないものの、マクロファージを活性化する成分のひとつなので、2つの相乗効果で免疫をよりアップしてくれるかもしれませんね。

ヨーグルトとLPS

ヨーグルトなどの乳製品は通常LPSを含んでいないのですが、カスピ海ヨーグルトだけは別だそうです。

カスピ海ヨーグルトは、クレモリス菌乳酸菌と酢酸菌の混合型のヨーグルトらしいです。

そしてそのその酢酸菌にこそLPSが存在しているとか。

また、LPS効果は得られないものの、乳酸菌を含むほかのヨーグルトも積極的に摂ったほうが良いようです。

というのも、LPSは乳酸菌と一緒に摂ることで優れた相乗効果が得られるからなんだとか。

【追記】

スパイスについて書き忘れました。

ターメリックやナツメグ、クローブなどのスパイス類はその多くが、元をたどれば根茎や実なので、LPSが豊富に含まれていることはご理解いただけるかと思います。

たとえばスパイスを多川するカレーは、具材と一緒に煮込むことでLPSを無駄なく摂取することができるためとても有効だそうです。

また、天草という海藻で作られるところてんもおすすめだそうです。

でも僕、ところてんたくさん食べてきたんだけどなあ・・・。

ま、それだけ無茶したってことか(汗)

でも、おやつ感覚でLPSが摂れるのは良いですよね!

ところてん、おすすめです!